川崎市麻生区・多摩区での相続はお任せください! 

門間亜砂子税理士事務所

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-12-7山田ビル2階

※2021年4月1日更新

ご相談はこちらへ

受付時間
9:00~17:00
定休日
土・日・祝
080-7799-4438
044-701-1135

相続の対象となる財産

民法では、相続人は被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する、と定められています。つまり、いわゆるプラスの財産だけではなく、借入金や住宅ローンのほか通常の保証債務などの債務(マイナスの財産)も承継しなくてはなりません。

また民法上の財産ではないけれど、相続財産として含めなくてはいけないものや、相続税がかからない財産もあります。

民法上プラスの財産とされるもの

・土地など 土地、借地権など

・家屋 家屋、建築中の建物など

・構築物 門扉、駐車場のアスファルト舗装、看板など

・果樹等及び立竹木

・動産 棚卸商品、書画骨董品、車、家庭用動産(家財)など

・無体財産権 著作権、特許権、電話加入権など

・株式等 上場株式、非上場株式、公社債など

・信託受益権などの金融資産

・その他 預貯金、貸付債権、ゴルフ会員権、裁判上の損害賠償請求権など

民法上マイナスの財産とされるもの

・ローン、借入金

・固定資産税、所得税、住民税など

・損賠賠償債務

・保証債務

・未払いの医療費、光熱費、通信費など

民法上の財産ではないが、相続財産に含めるもの

・生命保険金

・死亡退職金

相続税がかからない財産

・墓地、墓石、仏壇など ただし骨董的な価値がある場合などは相続税の対象になります

・相続財産を申告期限までに国等に寄付したもの

受付時間 9:00~17:00(定休日:土日祝) 

☎044-701-1135